業務一覧

まちの安全・安心

震災復興まちづくり模擬訓練

震災後、あなたのまちの復興は? 震災復興まちづくり模擬訓練を応援します

 大地震はいつ発生してもおかしくない状況といわれており、被害を最小限にくい止めるために事前の取り組みを進めることが必要です。
まちの復興をどのように進めるか、日頃から住民と行政、それを支援する専門家などがともに考え、行動してみることが有効です。

このため、みなさんのまちで「震災復興まちづくり模擬訓練」をしてみてはどうでしょうか。
このページでは、地域の特性に応じた訓練の企画立案の参考にしていただくために、これまで都内で実施された震災復興まちづくり模擬訓練の概要を紹介します。

復興まちづくり模擬訓練とは

 「震災復興まちづくり模擬訓練」は、地域住民と区市町村が主体となって行ないます。まちづくりの専門家も加わって、まちの復興過程を仮想体験する訓練で、まちづくりや防災に必要な”地域力”を高め、地域の活動や将来のまちづくりに活かしていこうとするものです。

詳細はこちらをご覧ください。


 震災後に地域住民が協力し、自主的に自らの生活の再建や復興を進められるよう、当センターは、区市町村から委託を受けて、みなさんのまちの「震災復興まちづくり模擬訓練」を企画・コーディネートいたします。
このような訓練に関心のある方は、当センターのまちづくり推進課へご相談ください。


お問い合わせ先
公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンター
TEL 03(5466)2103 (まちづくり推進課)