業務一覧

住まいの安全・安心

建設住宅性能評価の申請のながれ

建設住宅性能評価の申請の手続き

1. 事前相談
申請の前に評価に必要な書類やスケジュールなどについて、事前に相談できます。

2. 申請
建設住宅性能評価申請書及び必要書類を正・副の2部提出してください。センターにて書類等をチェックし引受承諾書を発行します。これにより評価業務契約約款等に基づく契約が成立します。

3. 評価
各検査対象工程ごと(下記「現場検査の時期について」参照)に「検査対象工事の完了(予定)日の通知」と「施工状況報告書」をセンターに提出してください。また、検査日には材料の納品書、工事写真、施工図等を現場に備えて検査に立ち会ってください。各検査終了後にセンターより検査報告書を通知します。

□現場検査の時期について
  ◆3階建て以下
    (1)基礎配筋工事完了時
    (2)躯体工事完了時
    (3)下地張り直前の工事の完了時
    (4)竣工時
  ◆4階建て以上
    (1)基礎配筋工事完了時
    (2)2階床の躯体工事完了時
    (3)3に7の自然倍数を加えた階の躯体工事完了時
       (10階、17階、24階・・・)
    (4)屋根工事の完了時時
    (5)下地張り直前の工事の完了時
    (6)竣工時
※(5)については(3)、(4)と同時に行うことができる場合もあります。
※室内空気中の化学物質の濃度等については、居室の内装仕上工事の完了後となります。

4. 評価書の交付
すべての検査が完了し検査済証の写しの提出がなされると、建設住宅性能評価書を交付します。



お問い合わせ先
公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンター
〒150-8503
東京都渋谷区渋谷2-17-5シオノギ渋谷ビル8階
TEL 03-5466-2052(住宅性能課)