業務一覧

建物の安全・安心

調査のポイント

定期報告はどのようなことを調査するのか?

 調査の項目は大きく分類すると、以下の6項目になります。
 調査は、各項目共通で建築物の現況と法規関係は現行法規等に基づいての調査となります。

1.敷地及び地盤 地盤・敷地・塀・擁壁等及び敷地内の通路等の「劣化及び損傷の状況」と「維持保全の状況」調査
2.建築物の外部 基礎・土台・外壁等の「劣化及び損傷の状況」調査
3.屋上及び屋根 屋上面・屋上周り・屋根等の「劣化及び損傷の状況」調査
4.建築物の内部 防火区画・常閉防火扉等・壁・床・天井等の「劣化及び損傷の状況」と「維持保全の状況」調査
5.避難施設等  廊下・出入口等・避難上有効なバルコニー・階段・排煙設備等・非常用進入口等の「劣化及び損傷の状況」と「維持保全の状況」調査
6.そ の 他  地下街等・免震装置等・避雷設備・煙突等の「劣化及び損傷の状況」と「維持保全の状況」調査

維持管理のポイント
敷地と建築物自体は安全に確保されていますか?
ブロック塀等に傾きやひび割れは見られませんか?
消火活動や避難に有効なスペースは確保されていますか?
建築物の柱や壁などに亀裂や腐食は見られませんか?
外壁等は、年数が経つと老朽化し、ひび割れや浮き上がり、腐食等が発生します。そのまま放置すると外壁や屋外設置物等の落下により思わぬ事故につながる場合があります。日頃から点検等を実施し異常が認められたときは早急に補修・改修をしましょう。


建築物内部は安全に維持・管理されていますか?
火災の拡大防止に必要な防火区画・竪穴区画等の区画方法は適切に維持されていますか?
常閉防火扉等は規定に合ったものになっていますか?または、ひずみや変形は見られませんか?
内装材料・仕上げ方法は規定に合ったものになっていますか?
災害の時安全に避難ができますか?
廊下や階段・避難バルコニー等に物が置かれたりしていませんか?
常閉防火扉等の周りに物が置かれたりしていませんか?
避難器具や非常口・進入口等は適切に確保されていますか?
廊下、階段、避難バルコニー等、常閉防火扉等のまわりに物を置いたりすると、火災が発生した時など、いざというときに避難の妨げになったり、火災による被害を大きくする原因となります。日頃から注意するようにしましょう。

既存不適格建築物とは
建築物を建てた当時は適法でも、法令等の改正に伴い現行法に適合しない建築物を「既存不適格建築物」といいます。これは、そのまま建物を使用する場合は問題ありませんが、増築・改築等をした際、その部分を現行法規に適合するように改善しなければならない場合がありますので、事前にそのことを把握しておきましょう。
お問い合わせ先
公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンター
建築防災部 建築防災課
TEL 03(5466)2001